圧倒的成長を遂げるには?スキルを伸ばしやすい企業の特徴&副業5選!

Twitterなどで、何かと揶揄されることが多い「圧倒的成長」。

類義語の「圧倒的感謝」とともに、ネタとしてのイメージが強くなっている印象があります。

しかし、揶揄されているのはあくまで「意識だけ高い系」の方々であり、圧倒的に成長することは、本来良いことです。

実際、「圧倒的成長をできる企業や環境を探している」という人も多くいるでしょう。

この記事では、そうしたニーズに答えて圧倒的成長をしやすい会社やビジネスの特徴などを解説していきます。

圧倒的成長を遂げたいと思っている方には、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること
  • 圧倒的成長を遂げるにはどうすればいいか
  • 圧倒的成長をできる企業の条件
  • 圧倒的成長をできる副業の特徴
  • 圧倒的成長をできる副業5選

なお、特に金銭面で圧倒的成長を遂げたいのであれば、今もっとも稼ぎやすいビジネスはスマホ1台でできるスマホビジネスです。

スマホビジネスも含め、当サイトが特に推奨するビジネスは下のサイトでまとめています。

経済的な圧倒的成長を目指したい人は、ぜひチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

圧倒的成長を遂げるには?

圧倒的成長を遂げるには?

圧倒的成長を遂げるには、やはり厳しい環境に身を置くことです。

もしくは、誰も取り組んでいない最先端のビジネスに取り組むことなどが条件となります。

また、圧倒的成長を遂げるには「レベルの高い大学に行く」という選択肢もあります。

一般の大学でもかまいませんが、以下のような「社会人向けの大学」もあります。

大学トップページ
出典:https://kaishi-pu.ac.jp/project/

公式サイトのトップでも実践的な4つの圧倒的成長プログラムという強みを掲げています。

「開志専門職大学」という大学で「ac.jp」のドメインも取得している正式な学校法人です。

よくある「学校ビジネス」かと思うかもしれませんが、集まっている講師の面々を見ると「確かに圧倒的に成長できるかもしれない」と感じるでしょう。

  • マサチューセッツ工科大学
  • スタンフォード大学
  • ハーバード大学
  • コーネル大学
  • UCLA

上記のような大学で教鞭をとられている世界レベルの大学教授の方々が、名前を連ねています。

また、企業から招聘された講師の方々も、下のようにやはり超一流企業から参加しています。

  • Google
  • LINE
  • ヤフー
  • Facebook
  • アマゾン
  • オラクル
  • Uber
  • マイクロソフト

他にもランサーズ・マネーフォワード・JTB・富士通フロンテックなど、枚挙に暇がないほど優良企業が並んでいます。

すでにビジネスで活躍している人が人脈を広げる目的で行くのもいいでしょう。

「社会人になってから大学などで学ぶ」という場合、このような選択肢もあると知っておくと役立つかと思います。

圧倒的成長ができる企業とは?

圧倒的成長ができる企業とは?

圧倒的成長をできる企業は、やはり働きぶりがハードな会社です。

  • 外資系
  • ベンチャー企業
  • 大手商社

上記のようなジャンルの会社が、特に日々ハードに働いており、圧倒的成長を目指せるといえます。

しかし、ではこのような会社に入らなければダメなのかといったら、答えはNOです。

というのは、これらの会社を作った創業者が、そもそもそういう出世のレールから外れていたためです。

特に「日本を代表するような会社を、副業から始めた」という人もいます。

ご存知、ZOZOの前澤友作・元社長です。

もともと前澤社長はメジャーバンドのドラマーでした。

その音楽業の合間に輸入ビジネスを手掛けていたのです。

そのうち輸入ビジネスの方が本格的になり、そちらに専念するようになったのがZOZOの前身(スタートトゥデイ)です。

「あのZOZOが副業から始まった」と思えば、副業から圧倒的成長を遂げることはあり得る、いえます。

そのような成長をできる可能性があるビジネスとして、当サイトではスマホ1台でできる「スマホビジネス」をおすすめしています。

1日5分などのスキマ時間で誰でも稼げるので、ぜひ下のリンク先で詳細をチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

圧倒的成長ができる副業の特徴

圧倒的成長ができる副業の特徴
圧倒的成長をできる副業には、いくつかの特徴があります。

ここではその中でも特に重要な3つの特徴を説明していきます。

時代の先端である

たとえばAIなど、時代の最先端を行っているビジネスは、圧倒的成長をしやすいといえます。

そして、そのような可能性がある分野は当然AIだけではありません。

たとえば、スマートフォンをメインに使う「スマホビジネス」も、時代の先端を行くビジネスです。

スマホというと「もうすっかり当たり前になった普通のデバイス」というイメージがあるかもしれません。

しかし、実はスマホ関連のビジネスはここからが本番なのです。

理由は、ようやく高齢者の方も含めて全員に端末が行き渡ったためです。

ここから「シニアまで巻き込んだ国民的なビジネス」を展開しやすくなるわけですね。

スマホという「機械・ハードウェア」については、2007年からの10年間程度が正念場だったでしょう。

しかし、そのハードウェアを活用したビジネスの仕組みについては、ここからが本番なのです。

先に紹介したビットも、そのように整備された「スマホインフラ」をフルに活用した最先端のビジネスであるといえます。

詳しいビジネスの内容は、記事中のリンク先の公式サイトでチェックしてみてください。

IT系である

IT系は「絶対」という条件ではありません。

しかし、ここ30年ほど、圧倒的に成長した企業はIT系が多いものです。

  • マイクロソフト
  • アップル
  • アマゾン
  • グーグル
  • Twitter
  • Facebook

まだいくらでもありますが、そういえばほとんどIT系だなと実感する人も多いでしょう。

ちなみに、日本ではソフトバンク・ZOZOもIT系です。

こう考えると「IT系は強い」というのが統計的にも実感できるでしょう。

まだ取り組んでいる人が少ない

コロンブスが西に航海したように「まだ誰も取り組んでいないこと」に取り組むと、圧倒的に成長できます。

これは近年では、2014年頃の仮想通貨が挙げられるでしょう。

コインチェックが創業したのがこの頃ですが、この頃から仮想通貨を保有していたら、2017年にとんでもない資産家になっていたのです。

同じように「今もどこかでバブルの芽が生えている」可能性があります。

圧倒的成長ができる副業5選

圧倒的成長ができる副業5選

圧倒的成長を目指せる副業は多くあります。

ここでは、その中でも特に成長できる副業を5つ解説していきます。

スマホ副業

ビット

スマホ副業は文字どおりスマホをメインに行う副業で、代表的なものが上の画像のビットです。

ビットは、スマートフォン1台の作業で月収100万円以上も狙えるというビジネスです。

公式サイトを見ると高級車を買うことができた、毎月海外旅行に行けるようになったなど、成功している方々の体験談を多く見ることができます。

スマホがなくとも、タブレットかパソコンがあればできるので、誰でも取り組むことが可能です。

LINEの公式アカウントを友だち登録するだけで始められるので、ぜひ下の公式サイトを気軽にチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

Webライティング

ランサーズ
出典:https://lancers.jp

Webライティングは、Webサイトやブログ用の記事を執筆する仕事です。

上の画像のランサーズは東証の上場企業ですが、登録者の大部分をWebライターが占めています。

次の段落で紹介するクラウドワークスも同様であり、Webライティングにはかなりの需要があります。

ウィルゲートなど、IT業界を代表する企業も、Webライティングのクラウドソーシングを主要事業としているほどです。

これは別におかしな話ではなく、今も昔も「情報を支配すると勝つ」ということなのです。

たとえば日米の戦争では、零戦や戦艦大和など、ハード面の技術では日本が勝っていました。

しかし、暗号を解読されるなど、情報面で日本が負けたことも(資源不足と並んで)敗因となりました。

また、世界のジャーナリストの元祖と言われるピエトロ・アレティーノの存在も、ライティングという仕事のヒントになるでしょう。

アレティーノ
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ピエトロ・アレティーノ

アレティーノはペンは剣より強しを体現した人物です。

  • 自分にお金を払う貴族は、盛大に褒め称える
  • 敵に回った貴族は、徹底して貶める

このようなやり方で、ルネサンス期の貴族たちを手玉にとったのです。

アレティーノの文章はあまりに読みやすく面白かったため、書かれたら「それが事実になってしまう」のです。

アレティーノが貴族を褒めるときも貶すときも「嘘がほとんど」だったのですが、敵側の貴族がそれに対抗することはできなかったんですね。

なぜなら「アレティーノより優秀な文筆家がいなかった」ためです。

「アレティーノに悪口を書かれたら終わり」だったため、貴族は競って彼を庇護しようとしました。

暗殺しようとする貴族も当然いましたが、逆に味方につければこの上なく頼もしいからです。

(ライバルの貴族の人気を一気に落とすことができますからね)

  • 神聖ローマ皇帝カール5世
  • フランソワ1世
  • ジョバンニ・ディ・メディチ
  • ローマ教皇ユリウス3世

このように、世界史の教科書にも登場する王族のトップというべき人物たちが、アレティーノに大金を払って彼を抱え込んでいました。

アレティーノは、世界史の中でもかなり早い時代に、実力によって身分差別を超えた人物といえます。

ライティングの仕事をしながら「たかが文章」と思うのは間違っています。

アレティーノの文章力が「王侯の懲らしめの鞭、神のごとき」と呼ばれたように、後世の諸外国にまで語り継がれる「神のごとき文才」というのは存在するのです。

Webライティングの場合、文才よりは情報収集力や、それを整理する力の方が問われますが、何にしても「文章で社会に影響を与える」というのは同じことです。

Webライティングで圧倒的な成長を目指す人は、アレティーノの人生を知った上で仕事に取り組むといいでしょう。

アプリ開発

クラウドワークス

スマホが高齢者の方まで含めて普及し、アプリも需要もさらに高まっています。

しかし、アプリ開発をできる人はまだまだ少ないため、その技術があれば圧倒的に成長できます。

IT系の会社に入る手もありますが、上のクラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスで、案件を探す方法もあります。

アプリ開発などのプログラミング系は特に単価が高いので、報酬面でも満足しやすいでしょう。

株式投資

岡三オンライン証券
出典:https://www.okasan-online.co.jp/lp/jp/

株式投資は、特にスキャルピングやデイトレードの場合、短期間で大幅に資産を伸ばせます。

もう少しスパンの長いスイングトレードでは、B.N.Fさんという有名な個人投資家がいます。

B.N.Fさんは大学生時代にバイト代を貯めた100万円から投資を始め、今では推定200億円を超える資産を手にしています。

最後にわかっている資産が200億円というだけで、それも15年ほど前であるため、今はさらに増えている可能性が高いでしょう。

B.N.Fさんの投資手法は一般人がマネできるものではありませんが、長期間の積立投資を行うのであれば、誰でも生涯で数億円の資産は築けるのが株式投資です。

FX

外為ドットコム
出典:https://www.gaitame.com/g/lp_200131.html

FXは高いレバレッジをかけることにより、短期間で資産を増やすことができます。

たとえば、一時期「日本一ポンドを持つ男」と呼ばれた磯貝清明さんという投資家の方も、高いレバレッジをかけていました。

磯貝さんがハイレバレッジの取引をしていたことは『突然マルサがやって来た!』という著書でわかります。

【参考】https://www.amazon.co.jp/dp/4093798095

3年で10億円まで資産を増やした磯貝さんは、サブプライムショックの暴落で億単位の借金(正確には税金の滞納)を背負ってしまいました。

しかし、その直前までFXで圧倒的成長を遂げていた代表人物であることは間違いありません。

このようにハイリスク・ハイリターンの選択肢ではありますが、FXで圧倒的成長を目指すという道もあります(おすすめはできませんが)。

【参考】https://ja.wikipedia.org/wiki/磯貝清明

副業で圧倒的成長を目指すことに関するQ&A

副業で圧倒的成長を目指すことに関するQ&A

副業で圧倒的成長を目指すことについては、疑問に思う点も多くあるでしょう。

ここでは多くの人が特に疑問に思う点を2つ解説していきます。

副業の売上がどのレベルまで来たら専業にすべきですか?

これは人によります。

たとえば、昭和を代表するシンガーソングライターで、小椋佳(おぐらけい)さんという方がいます。

小倉さんは有名になってもずっと銀行勤務を続けていました。

現在のみずほ銀行の本店財務サービス部長や、メリルリンチ証券派遣など、銀行員としてもかなりのキャリアを積まれています。

49歳で退職しましたが、その後も東大法学部に入学し、大学院も卒業するなど、常に二足のわらじを履かれていました。

小倉さんは超人ですが「このレベルに達してもまだ専業化しない」という選択肢もある、という一つの参考になるでしょう。

【参考】https://ja.wikipedia.org/wiki/小椋佳

副業で確定申告や納税が必要になる金額は?

これは「年間の利益が20万円以上」です。

利益であって売上ではないという点が重要です。

20万円の売上があっても、経費がいくらかあったら、それで20万円未満になります。

利益が20万円未満であれば、確定申告も納税も不要になります。

自分が該当しそうだと思ったら、税理士の無料相談を受けるなど、専門家のアドバイスを受けるのがいいでしょう。

(このくらいなら税理士の先生も即答できることが多いので、無料相談で十分教えてもらえます)

上記のような疑問点も含めてあらためて考えると、圧倒的成長を遂げるにはやはり「最先端の仕事」に取り組むことが重要といえます。

そのような最先端の仕事の一つとして、当サイト「副業スタイル」がオススメしているのが、下のビットというビジネスです。

スマホ1台の簡単な作業で誰でも稼げるので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

まとめ:圧倒的成長を遂げるには?

まとめ:圧倒的成長を遂げるには?
圧倒的成長を遂げるためには、まだ人が取り組んでいないことに取り組むことが重要です。

その点、ほとんどの人がまだ存在を知らないスマホビジネスには、多くのチャンスがあります。

スマホビジネスも含めた当サイト「副業スタイル」一押しのビジネスは、下のサイトで紹介しています。

いずれも、稼ぎやすいだけでなく時代の先端を行っているビジネスなので、ぜひ詳細をリンク先のサイトでチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です