老人ホーム経営は儲かる?稼ぎやすい種類と開業の必要条件を解説!

利益を出しやすい事業を探しているとき「老人ホームの経営は儲かるのか?」と興味を持つ人も多いでしょう。

そのとき「どのように始めればいいのか」「許認可などの条件はあるのか」という点が気になるかと思います。

この記事では上記の内容に加え、儲かる老人ホームの種類なども紹介していきます。

介護事業に興味がある方には、特に参考にしていただけるでしょう。

この記事を読んで分かること
  • 老人ホーム経営は儲かるのか
  • 老人ホーム経営の始め方
  • 儲かる老人ホームの種類
  • 老人ホームの開業に必要な条件・要件
  • 老人ホーム経営より儲かる事業
  • 老人ホームで儲けるときの注意点

最初に結論を言うと、今の老人ホーム経営はほとんど儲かりません。

また、仮に手掛けるにしても十分な資金を用意する必要があります。

その資金を稼ぐためにも、まずは「稼ぎやすいビジネス」から始めるのがいいでしょう。

そのような効率的に稼げるビジネスは下のサイトで紹介しています。

いずれも当サイト「副業スタイル」が自信を持っておすすめするビジネスなので、ぜひリンク先で詳細を確認してみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

老人ホーム経営は儲かる?

老人ホーム経営は儲かる?

老人ホームの経営は儲かる時代もありました。

大体2010年頃までで、当時ブラック企業として有名だったワタミが介護事業に参入したのもこの時期です。

今は参入者が増えたため、ほとんど儲かりません。

少子高齢化だから儲かるという人もいますが、少子化は「経済自体を縮小させてしまう」ものです。

そのため、老人ホームでもお金を十分に払える働き盛りの世代が少なくなり、必然的に経営は厳しくなるのです。

儲けることを考えるのであれば、最初からコストがかからず稼ぎやすいビジネスに取り組むことをおすすめします。

そのように稼ぎやすいビジネスは下のサイトで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

老人ホーム経営の始め方

老人ホーム経営の始め方

老人ホームの経営を始める方法は、大別して3通りです。

その3通りの始め方をここでは解説していきます。

自分で設立する

最も多い方法は、自分で設立する方法です。

法人などの組織を設立する作業は、まず絶対に必要となります。

建物については「既存の老人ホームを買い取る」という選択肢もあります。

あるいは、別の不動産を買い取って改装するという形でもいいでしょう。

どちらにしても、組織と建物というソフトとハード、両方を揃える必要があります。

フランチャイズに加盟する

老人ホーム
老人ホームの経営にもフランチャイズがあります。

お金は用意できているけど、自分でゼロから立ち上げる自信がないという人には、この方法がおすすめです。

フランチャイズは決して馬鹿にしたものではなく、たとえば札幌証券取引所に上場した「エコノス」という会社も、ハードオフのフランチャイズなどをしています。

そのため、やり方次第ではフランチャイズでも十分に稼げるのです。

出資者として参加する

「お金はある」「しかし、フランチャイズも含めて自分が経営に参加する時間や労力はない」ということもあるでしょう。

その場合は、お金だけを出す出資者として参加する方法もあります。

フランチャイズのサイトやクラウドファンディングなどで、実際に老人ホームの出資者も募集しています。

成功しそうなプロジェクトがあれば、ぜひ詳しく話を聞いてみるといいでしょう。

儲かる老人ホームの種類

儲かる老人ホームの種類

老人ホームにも多くの種類があります。

ここでは、それらの中でも特に儲かりやすい種類を3つ解説していきます。

住宅型有料老人ホーム

老人ホーム
文字どおり住宅タイプの老人ホームです。

  • 食事
  • 清掃
  • 安否確認
  • 緊急時の対応
  • 生活援助
  • レクリエーション

上記のようなサービスを提供します。

逆に介護などの重いサービスはなしとなっています。

介護付有料老人ホーム

老人ホーム
これは文字通り「介護がついたもの」です。

多くの人が想像する老人ホームはこちらでしょう。

タイプは下の2通りがあります。

介護専用型 要介護認定を受けた人だけが入れる
混合型 要介護でない人も入れる

サービス内容は「住宅型」に加えて、排泄介助や入浴などもあります。

健康型有料老人ホーム

老人ホーム
これは名前のイメージどおり「完全に自立した高齢者のみが入る」ものです。

  • レストラン
  • 露天風呂
  • スポーツジム

上記のような施設が揃っており、特に金銭的に余裕があり健康な高齢者が入居します。

近年は需要が一段落したこともあり、減少傾向です。

老人ホームの開業に必要な条件・要件

老人ホームの開業に必要な条件・要件

老人ホームの開業には、満たすべき条件・要件が主に4つあります。

それらの条件・要件について解説していきます。

法人である

まず、老人ホームには「設置主体」という「誰が設置するか」の条件があります。

  • 地方公共団体
  • 社会福祉法人
  • 医療法人

上記3つの団体は当然設置できますが、さらに下の団体も設置できます。

  • 法人格を有する民間事業者
  • 財団法人

法人格を有する民間事業者とは、要するに「株式会社・合同会社」のことです。

合同会社が老人ホームを設立していいのか?と思うかもしれませんが、まったく問題ありません。

最近は合同会社が運営する老人ホームもかなり増えています。

(試しに「老人ホーム 合同会社」と検索していただくとよくわかります)

たとえば有限会社だったら歴史が長いので、老人ホームを運営していてもおかしくないと感じる人が多いでしょう。

合同会社は有限会社と同じランクなので、老人ホームを運営できることもごく自然でるわけですね。

ただ、法人だったら誰でも老人ホームを運営できるということではありません。

あくまで最低条件であり、そこから審査があります。

つまり「合同会社か株式会社か」という議論より重要なのは「会社として信用できるか」ということなのです。

その点でも株式会社の方が信用を得やすいのは確かですが、要は「法人全体の信頼性が第一」ということを、意識して下さい。

なお、財団法人ですがこれも誰でも設立できます。

  • 一般財団法人:20万円ほど出せば誰でも設立できる
  • 公益社団法人:一般財団法人になった後、国の審査によってなる

上記のように財団法人には2通りあり、一般財団法人ならお金さえ出せば誰でも設立できるのです。

一応、300万円資金を拠出することや、以下のような人員を用意する必要はあります。

  • 理事3名以上
  • 監事1名以上
  • 評議員3名以上

このような人数は必要ですが、300万円は使わずに眠らせておけば一種の貯金といえます。

そのため、多少合同会社や株式会社よりハードルは高いものの、一般財団法人自体は誰でも設立できるわけですね。

より大きい信用を得たいと思ったら、一般財団法人にして運営するのもいいでしょう。

老人ホームに適した立地である

老人ホーム
老人ホームは当然「高齢者が長期間暮らす場所」です。

そのため、高齢者が健康で安な生活を維持できる環境という条件があります。

  • 交通アクセスがある程度便利
  • 借地や借家なら、長期間安定契約がある

上記の2つが主な条件となります。

借地借家でもいいというのが意外かもしれませんが、安定して長期間借りられる契約があれば問題ないわけです。

どのくらいの期間かは難しいところですが、10年は当然アウトです。

20年もまだ短く、30年から許可が出る可能性があるといえるでしょう。

規模に応じた最低人員がいる

これは「人員基準」と呼ばれる条件です。

介護付有料老人ホームの場合、以下のような職員配置の最低基準が定められています。

役職 人数
看護職員または介護職員 利用者3人につき1人
生活相談員 利用者100人につき1人
計画作成担当者 利用者100人につき1人
機能訓練指導員 1人以上(兼務可)
管理者 専従(支障がなければ兼務もOK)

正確にはもう少し細かい条件があるのですが、概ね上記のような内容だと考えてください。

このような割合でスタッフを確保することが、老人ホームの運営では必要となります。

施設の種類ごとに必要な資格保有者がいる

老人ホームの施設の種類によって、必要な資格保有者のルールが異なります。

資格が必要になる役職のみを一覧にすると、例えば下のようなものです。

  • ケアマネジャー
  • ホーム長
  • 栄養士
  • 機能訓練指導員
  • 看護職員

以下の役職については無資格でも可能ですが、資格がある方が望ましいといえます。

  • 介護職員
  • 生活相談員

たとえば介護職員であれば、介護福祉士や、介護職員初任者研修終了者などが望ましいとされます。

そして、生活相談員については「社会福祉士」の資格があると望ましいというのが実情です。

何にしても、運営を開始するためにはこうした必要な資格を持つスタッフも集める必要があります。

老人ホーム経営より儲かる事業

老人ホーム経営より儲かる事業

老人ホームの経営で儲けるのは、それなりに大変なことです。

「もっと簡単に儲かる方法はないか?」と考えている人もいるでしょう。

ここでは「老人ホームの経営よりも儲かりやすい事業」を紹介していきます。

ビット

ビット

ビットは、スマホ1台で1日5分などのスキマ時間を利用して稼げるビジネスです。

最大で月収100万円以上も狙える稼ぎやすいビジネスであるため、老人ホーム設立の資金を貯めるのにも有効です。

公式サイトを見ると、実際にビットで稼げている方々の口コミや体験談が多く見られます。

  • あこがれの海外移住を実現できた
  • 高級外車を買うことができた
  • いつもポケットに100万円が入っている

上記のような経験談が見られます。

LINEから公式アカウントを友だち追加するだけでスタートできるため、初期費用もかかりません。

老人ホーム経営のための資金をすばやく効率的に貯めたいと考えている人は、ぜひ下の公式サイトを覗いてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

アフィリエイト

ワードプラス

アフィリエイトは、Webサイトやブログの広告収入によって稼ぐ事業です。

個人のアフィリエイターの方々が稼ぐイメージがあるかも知れませんが、実は大企業もアフィリエイトで利益を出しています。

たとえば価格.comを運営するカカクコムや、エイチームなどです。

どちらも東証1部上場の大企業ですが、主力のビジネスモデルはアフィリエイトです。

つまり、アフィリエイトは個人のお金儲けを通り越して、東証1部上場企業のメイン事業にもなるものなんですね。

そして、アフィリエイトのノウハウがあると老人ホームの集客にもプラスになります。

老人ホームの経営をメインにする場合にも、アフィリエイトの技術が役立つわけです。

そして、そのようなアフィリエイトの技術を簡単に取り込めるのが下記のWordPlusというサービスです。

初期設定や更新作業の代行など、あらゆるタスクを代行してくれるものです。

WordPlusの詳しいサービス内容は、下の公式サイトでご覧いただけたらと思います。

マネーバンク

マネーバンク

マネーバンクは、高齢者の方も含めて誰でも簡単にスマホで稼げるというものです。

昭和から平成まで全世代に対応というキャッチフレーズを掲げています。

スマートフォン1台でどこでもできる作業で、最短30秒で終わるという内容です。

そうした簡単な仕事を積み重ねることで、月収100万円以上も目指せるとして評判になっています。

このように高齢者の方でも稼げる仕組みが、老人ホームの経営でもプラスになるでしょう。

入居者の方の能力を高めるためのヒントがあるはずです。

そのようなヒントを得る目的も兼ねて、ぜひマネーバンクの公式サイトをチェックしてみてください。

老人ホームで儲けるときの注意点

老人ホームで儲けるときの注意点

老人ホームで儲ける上では、注意すべき点も多数あります。

具体的にどのような点に注意すべきかを解説していきます。

利益を重視しすぎると虐待などの問題がおきる

老人ホームの経営で利益を重視しすぎると、下のような問題が起きます。

  • スタッフの給与が安くなる
  • スタッフの労働時間が長くなる
  • 施設の備品などの環境も劣悪になる

このような状況では、当然心身ともにスタッフのストレスが溜まるものです。

このため、そのストレスのはけ口が高齢者の方になってしまい、虐待などの問題が起きやすいのです。

こうした理由から、老人ホーム経営で儲けることを考える場合も、スタッフの働きやすさや入居者の方の生活のしやすさは、最優先すべきといえます。

コロナなどで突然収益が途絶えるリスクがある

新型コロナウィルスのような問題が起きると、突然収益が途絶えることもあります。

あのような事件はめったに起きないと思うかもしれませんが、震災のようなリスクもあります。

また、箱根山は2019年に噴火し、このエリアの旅館や老人ホームなどでは、閉鎖を余儀なくされたところもあります。

その他でも、2018年にも大きな台風被害などが各地で見られ、こうした災害などのトラブルは必ず何かしらあるのです。

そのような事件で収益が途絶えたときにも、問題なく経営を続けられるという体制を整える必要があります。

そのためにまず十分に資金を蓄えることが必要ですが、そのためには「稼ぎやすいビジネス」をすることがおすすめです。

誰でも簡単に稼げるビジネスは、下のサイトでまとめています。

いずれも当サイト「副業スタイル」一押しのビジネスなので、ぜひリンク先で詳細を確認してみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

【まとめ】老人ホーム経営は儲かる?

【まとめ】老人ホーム経営は儲かる?

まとめると、老人ホーム経営は簡単ではないものの、やり方によっては儲かります。

そして、開業するためにも、その後の経営を安定させるためにもまず資金を十分に蓄えることが必要です。

そのような資金を蓄える方法として、当サイトがおすすめするのは、下記のサイトで紹介しているビジネスです。

いずれもスマートフォン1台の作業で月収100万円以上も狙えるなどの稼ぎやすい内容なので、ぜひ詳しい情報をチェックしていただけたらと思います。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です